内分泌糖尿病心理行動研究会
トップページ 会則 世話人一覧 ご案内 研究会記録 お問い合わせ
第33回 内分泌糖尿病心理行動研究会 

 謹啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、この度、33回内分泌糖尿病心理行動研究会を下記要領にて開催させて戴く運びとなりました。ご多忙中恐縮ではございますが、御参集賜りますようお願い申し上げます。                                                謹白     

代表世話人      茨木市保健医療センター    深尾篤嗣
当番世話人   京都都府立医科大学大学院医学研究科  内分泌・代謝内科学 浅野麻衣

                           記

日 時:

2020年4月19日(日) 14:0017:40

会 場:

グランフロント大阪 Room B01+B02

  

テーマ:「 薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ 」

時間 内容
[開会挨拶]14:0014:05  茨木市保健医療センター 所長 深尾 篤嗣
一般演題]14:0514:25 座長 京都大学人間健康学科 教授 任 和子先
    「バセドウ病とともに生きる人の服薬アドヒアランスと
                         その関連要因」

                     
演者 神甲会隈病院 八木順子先生

[教育講演]14:25 14:50

    「糖尿病診療における医療者の医療学的態度の重要性
              ~SGLT2 阻害薬で気づい たこと~」

  座長 
  京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 学内講師 浅野 麻衣先生
  演者 
  京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 講師 山崎 真裕先生 

 [休憩]14:50 15:00
[特別講演]15:00 17:35
[       薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ大決戦                       ~コーチングvs 動機付け面接 vsACT
 座長 
 住友病院臨床心理科 巣黒慎太郎先生
 演者
 コーチング
 「薬物療法を有効にするためのコーチング」  
                         大石内科クリニック院長 大石まり子 先生
 動機付け面接
 「薬物療法を有効にするための動機付け面接」
                      大阪市立大学医学部小児科 講師 川村智行 先生
 ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー
 「薬物療法を有効にするためのACT 」  
                          同志社大学心理学部 助教 大屋藍子 先生                                        
 [閉会の挨拶]  17:3517:40  
          京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 学内講師                                         浅野 麻衣先生
※本研究会は日本心身医学会(3単位)および日本心療内科学会認定(2回参加で2単位)取得できます。
※日本糖尿病療養指導士認定の対象研修会の予定です(1単位)

共催 内分泌糖尿病心理行動研究会

MSD株式会社


Copyrights (C) 内分泌糖尿病心理行動研究会