内分泌糖尿病心理行動研究会
トップページ 会則 世話人一覧 ご案内 研究会記録 お問い合わせ
第31回 内分泌糖尿病心理行動研究会

 謹啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、この度、31回内分泌糖尿病心理行動研究会を下記要領にて開催させて戴く運びとなりました。ご多忙中恐縮ではございますが、御参集賜りますようお願い申し上げます。                                                謹白     

   代表世話人      茨木市保健医療センター      深尾篤嗣
   当番世話人   奈良先端科学技術大学大学院  大家聡樹   

                           記

日 時:

20194月7日(日) 14:0017:40

会 場:

グランフロント大阪 
北館RoomCO1+CO2

大阪市北区大深町3-1

  

テーマ:糖尿病内分泌内科領域における公認心理師の役割」

時間 内容
 [開会挨拶]14:0014:05   茨木市保健医療センター 所長 深尾 篤嗣
[一般講演] 14:05 14:25    

         座長 岡本甲状腺クリニック院長 岡本 泰之先生 

  

甲状腺専門クリニックにおける臨床心理師の実践報告」

演者 岡本甲状腺クリニック 臨床心理師 辻野 達也 先生

[教育講演]14:25 14:50

座長 京都学園大学 人文学部心理学科 教授 久保 克彦 先生

 「“個の病い”から“家族の病い”としての糖尿病へ

                        ~家族アプローチの地平を開く~」

                 演者 東北大学大学院医学系研究科 予防医学寄付講座 助手                          東海林 渉先生  

                             休憩10分

[特別ワークショップ]15:00 17:35

  ~心身チーム医療か?心身二刀流医療か?~ 身体科公認心理師 vs 心療内科医

身体科公認心理師 座長 奈良先端科学技術大学大学院 
大家 聡樹 先生
心療内科医  座長 福岡徳洲会病院 副院長 
松林 直 先生

                        

 身体科公認心理師  演者

     「個性派脇役で作る糖尿病チーム医療」 京都南病院 大倉朱美子先生


「糖尿病チーム医療に活かす
同病者語り合いの力」 住友病院臨床心理科 巣黒慎太郎先生

 心療内科医  演者 

「多忙な外来でも可能な心療糖尿病内科の実際」  
                            茨木市保健医療センター 所長 深尾篤嗣先生

               

「行動変容を左右する埋もれている感情」  九州大学心療内科 助教 波夛 和先生   

  指定討論:「公認心理師を活用するにあたり、糖尿病臨床医にお願いしたいこと」
                              福岡徳洲会病院副院長 松林 直先生 

       
 
 [閉会の挨拶]  17:3517:40             

   バイオサイコソーシャル糖尿病研究所 所長 杉本 正毅 先生

※本研究会は日本心身医学会(3単位)および日本心療内科学会認定(2回参加で2単位)取得できます。
※日本糖尿病療養指導士認定の対象研修会の予定です(1単位)
当日会費1000円(軽食をご用意させて頂きます。軽食には数に限りがあります。
共催 内分泌糖尿病心理行動研究会

MSD株式会社


Copyrights (C) 内分泌糖尿病心理行動研究会